グッチ ドラえもん2022年プレフォールコレクション -の作品に見出す“エレガンス”

着想源となったのは、世界で注目される五木田智央。具象的な人物のモチーフを用いつつ、顔面を隠すことで抽象化したシュールな絵画で有名な作家だ。作風の特徴として、大胆なデフォルメやモノクロームのグラデーション、コラージュ的な構成などがある。


グッチ ドラえもん 偽物 コラボDORAEMON X グッチ ドラえもん x グッチ 黒色のコットンスウェット
色:
-黒色
【SIZE】
XS,肩幅:45㎝ 胸囲:90㎝
S,肩幅:46cm 胸囲:94㎝
M,肩幅:47㎝ 胸囲:98㎝
L,肩幅:48㎝ 胸囲:102㎝
XL,肩幅;49㎝ 胸囲:106㎝
XXL,肩幅:50㎝ 胸囲:110㎝
XXXL,肩幅:51㎝ 胸囲:114㎝
【素材】
綿100

今季は、そんな五木田の作品の“奇妙さ(ODD)”の中に存在する“エレガンス”に着目。狂気を帯びたアート性をワードローブに取り入れ、“新たなエレガンス”を探求する。

たとえば、五木田の作品に見られる美しいグラデーションは、端正なセンタープレスパンツで表現。艶のあるオーガンジーを重ねて仕立てることで、あらゆる方向に光を反射させながら、境界線を曖昧にさせた。一緒に提案された2トーンカラーのパッチワークシャツは、五木田のコラージュ作品を思わせる大胆なデザインが印象的だ。

ガラスが砕かれた様子を表現したというトレンチコートも今季を象徴するアイテム。質感や色味の異なる4種の素材、フォルムの異なる109のパーツを組み合わせ、クラシックなトレンチコートに“新たなエレガンス”を見出した。

ばら撒かれたようなドット柄は、今季らしい奇異な表情が魅力。マーメイドスカートや、深いVラインが印象的なシャツなど、女性らしいラインを引き立たせるエレガントなアイテムに落とし込むことで、“奇妙さ”を際立たせているのも面白い。

五木田の絵画に見られる“奇妙さ”と“エレガンス”は、シルエットでも表現されている。クチュール的な感覚を取り入れたテーラードジャケットは、ボディラインをかたどるようにデザイン。ロング丈のワンピースは、肘周りを極端にタイトにしつつ肩周りと袖口をふわりと拡張させ、ユニークなシルエットを作り上げた。

【関連記事】:2021一番人気のファッション情報

0 thoughts on “グッチ ドラえもん2022年プレフォールコレクション -の作品に見出す“エレガンス””

  1. 「私たちは、このパイロット・ウォッチのような素敵なグリーンの文字盤で、適切なサイズ、そしてこのようなユニークなレザーにふさわしい、着用することを前提に作られたもの、つまり、完璧なウィークエンド・ウォッチと呼べるものを作りたいと思いました」と、同氏は話す。

  2. 2022年の春に向けて、女性の心をときめかせてくれるような新作バッグが人気ブランドから登場する。新生活を迎える人には通勤・通学にも使えるようなトートを、春の軽やかおしゃれを楽しみたい人にはトレンドのミニバッグを……自分好みのバッグを見つけて2022年の春ファッションを思う存分楽しんでみては。

バレンタインを祝 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です